口腔外科分野で歯学博士の学位を取得した院長が治療する

〒103-0006 東京都中央区日本橋富沢町5-4 ゲンベエビル1F
日比谷線・都営浅草線「人形町駅」徒歩3分

診療時間

 9:00~12:30 ×
14:00~19:00 × × ×

△:9:00~13:00
受付終了時間  午前12:00   午後18:30
※院長の都合により前後します
休診日:木曜午後・土曜午後・日曜・祝日

ご連絡はこちら

03-3663-6783

初診の方・久しぶりにご来院される方は
あらかじめご連絡ください

当院の親知らず治療

口腔外科で経験豊富な歯科医師が、親知らず治療を担当。通常は大学病院でしか受けられない水準の治療を、当院でも受けられます。なるべく痛みの少ない治療を行っていますので、痛みが苦手な方もお気軽にご相談ください。

院長は口腔外科分野で歯学博士を取得
大学病院並の親知らず治療

当院の院長は、日本大学大学院で口腔外科を専攻し、歯学博士の学位を取得しました。歯科医師となってからも口腔外科の治療を多く手がけ、現在でも日本大学歯学部口腔外科兼任講師を務めています。さらに親知らずの治療で25年以上(※)の経験もあります。

そのため、豊富な経験と大学病院で培った治療技術や知識を活かしたスピーディーな処置で、痛みの少ない治療が可能です。 

親知らずが虫歯になってしまった、斜めに生えている、などの症状でお困りの方はぜひご相談ください。

                        (※2018年現在)

難しい親知らずの抜歯も院内で可能

前述の通り院長は口腔外科の専門的な治療の経験が豊富で、大学病院で行うような難しい親知らずの抜歯にも院内で対応できます。

大学病院で治療をしようとすると、予約が取りにくかったり、待ち時間がかかることも多々あります。当院では、できるだけ患者様のご希望に合わせて手術時間を決めさせていただきます。

豊富な経験があるため、難しいケースの治療も可能です。安心してご相談ください。

 

痛みの少ない親知らず治療

「なるべく痛みのない、苦痛の少ない方法で治療したい」「 治療や痛みが怖くて受診できない方を一人でも多く助けたい」という思いから、痛みの少ない親知らず治療を行っています。

麻酔を打つときの注射針は、細ければ細いほど刺すときの痛みが少なくなります。そこで当院では極細の針を採用。注射を打つ場所も慎重に選び、痛みを感じにくい部分に打っています。

また麻酔液の注入速度が不安定だと、刺激や痛み、違和感を感じやすくなってしまいます。そのため、コンピューター制御で注入速度を制御できる電動式注射器を導入しました。これにより注入速度を一定に保てるので、麻酔を打つときの痛みを和らげることができるのです。

さらに抜歯の処置もスピーディーに行うことを心がけています。素早く治療を行うため、治療そのものの痛みを感じにくく、術後の腫れや痛みも抑えることが可能です。

少しでも痛みの少ない親知らず治療をするために、さまざまな工夫をしていますので、痛みが苦手な方もお気軽にご相談ください。

親知らず治療の流れ

検査

検査器具やレントゲン、CT等で、歯やあごの骨の状態を調べます。

治療計画の説明

歯やあごの骨など、お口がどんな状態なのかをご説明し、治療計画をご案内します。

親知らずの抜歯

抜歯の必要がない場合もあります

親知らずを抜きます。抜歯の必要がない場合は、適切な処置を行います。

消毒

親知らずを抜いた部分を消毒します

抜糸

傷口を縫合した糸を抜きます。

 

診療時間

 
午前 ×
午後 × × ×

午前:  9:00~12:00
午後:14:00~19:00
△:土曜日は9:00~13:00

受付終了時間:午前12:00 午後18:30
※院長の都合により前後します

休診日:木曜午後・土曜午後・日曜・祝日

03-3663-6783

〒103-0006
東京都中央区日本橋富沢町5-4
ゲンベエビル1F

東京メトロ日比谷線・都営浅草線
人形町駅
都営新宿線 馬喰横山駅

JR総武快速線 馬喰町駅
東京メトロ半蔵門線 水天宮駅