■第二の歯 インプラント(人工歯根)のご紹介■

歯を失ってお悩みのあなたに、

新しいかたちの最適治療法

インプラント[人工歯根]システム。

小さなチタン製の人工歯根が

義歯やブリッジを

しっかりとした維持固定するので

失われた[天然の歯の機能]の回復と

[自然な感覚の悩み心地]を取り戻します。

インプラント(人工歯根)とは?

治療の流れ

インプラント(人工歯根)のQ&A

歯が無くなったら・・・



◆インプラント(人工歯根)とは◆
 
歯がなくなってしまった部分の歯ぐきに新しく、第二の永久歯とも言える人工の歯根を植え、固定式の入れ歯(ブリッジ)を入れることによって、もとの自分の歯と同じように食べ物を噛めるようにする治療法です。


インプラント(人工歯根)

■従来の治療法      
義歯=入れ歯
【デメリット】
●あごの骨が痩せてきます。
●健康な歯に負担がかかります。
●味覚が鈍感で発音もよくできなくなります。
●あまり硬い物は噛めません。
ブリッジ
【デメリット】
●歯の抜けた両隣の健康な歯を削ってかぶせます。
●歯の抜けた所の骨がやせ、あごの強度が弱くなります。



◆このような患者さんにお勧めします◆

入れ歯がガタついたり、思うように噛めずに食事がまずい
入れ歯が動いてしゃべりにくい
営業職・調理師・タレントなど、職業的に入れ歯では困る人
入れ歯を入れる事が精神的に負担な人
事故などで歯が折れたり、抜けた人
EX.1 歯が1本抜けている場合
抜けた部分の歯だけ補うことが出来ます。
EX.2 中間の歯が何本か抜けている場合
1〜2本植立すれば、入れ歯でなくなります。


◆インプラントの寿命は◆

インプラントは虫歯にはなりませんが歯磨きが出来ていないと、歯槽膿漏の状態になることがあります。インプラントを希望の患者さんは、特に口の中の衛生状態を良好に保つ必要があります。
正しいブラッシングをして、定期検診を受けることが長持ちにつながるのです。


◆こんな患者さんにはできません◆

インプラント治療は手術後の手入れが重要です。歯磨きをしない患者さんには、インプラントを行うことは出来ません。
また身体が健康でない場合もできないことがあるので、歯科医師と十分相談してください。

EX.3 奥歯が抜けている場合
外れやすい入れ歯から解放されます。
EX.4 下あごの歯が全部抜けている場合
総入れ歯を入れなくてもよくなります。


◆インプラントのできる年齢は◆

アゴの骨の成長が止まる16〜18才頃から可能で、60才あるいは70才ぐらいまでが条件的に良い時期といえます。
しかし個人差もあり、70才以上の方でも骨の状態が良ければインプラントは可能です。


◆インプラント(人工歯根)の治療の流れ◆

@レントゲンなどによる必要な診断を行い、治療計画などをご説明します。   A抜けた所にインプラント(人工歯根)を埋め込み、骨に固定するまでは、2・3ヶ月程待ちます。   Bインプラントによるしっかりとした土台ができ、人工の歯を取り付けます。   Cアフターケアとして正しいブラッシングを行ってください。3ヶ月から半年に1回、定期的に検診を受けてください。