■口腔外科の主な治療■
口腔外科では、口の中とその周囲に発生するあらゆる病気が診療の対象となります。具体的には、口腔領域の腫瘍(口の中にできる癌や良性の腫瘍)、のう胞(顎の骨の中に多くできる膿の袋)、感染症、外傷(口腔内外の裂傷、歯牙の脱臼、顎の骨の骨折など)、顎関節症、その他一般の歯科医院では親知らずのような、困難な抜歯を中心とした小手術などです。 口の中にできていつまでも消えない口内炎や白斑、発赤、口の中やその周辺の痛み、口が開きづらいなどの症状も口腔外科の治療対象となります。
歯を抜くこと
口の中のできものの切除
うみの『膿--ノウ』の切開
顎関節症の治療(噛み合わせ・開口訓練)
のう胞(顎の骨の中に多くできる膿の袋)
感染症
外傷(口腔内外の裂傷、歯牙の脱臼、顎の骨の骨折など)
インプラント治療