■健やかな老後はお口の健康から■


最近



こんなときは、危険信号です。
すぐに、歯科医師へ相談してください。

高齢社会に入り、いろいろな病気や障害を持ったお年寄りがふえています。その中で見落とされがちな点に、口の中の病気があります。
口は一番最初に食べ物が入るところで、ここに病気がおこりますと、物が食べられなくなり、からだ全体に悪い影響を及ぽします。

■介護をしやす<するには、口の中のトラブルの早期発見・予防です
基本は、口の中の観察です。問題がどこにあるか、発見してみませんか。

意外に入れ歯が原因としてることが多いのです。
入れ歯が歯肉に当たって潰瘍が出来ています。
歯石がついて歯ぐきが不健康な状態です。


■ブリッジを知っていますか

間違いが多い治療の知識
歯医者さんに往診を依頼するとき、口の中の状態を伝えるために、入れ歯などの名称を正確に知っておく必要があります。

ブリッジ
口の中に固定されています。
総義歯
(総入れ固)
部分床義歯
(部分入れ菌)
隣の歯を結び付け、維持するためのもの(クラスプ)がついています。このクラスプをブリッジという人が多いので注意しましょう。

■こんなことも知っていますか

口の中にもガンはできます。

舌ガン

口の中が不潔な状態のままですと、舌ガン、歯肉ガン、カンジダ症などを引き起こすことがあります。
それらを予防するために、口の中はいつも清潔にする必要があります。


歯肉ガン

口の中にカビが生えます。


白いところがカンジダ菌です

そして、口から肺炎をおこすこともあります。
誤って食べ物と一緒に肺の中に飲みこまれた口の中の細菌が、肺炎を引き起こすことがあります。

口臭対策が健康をまもる

入れ歯の手入れ
口の中の臭いは、入れ歯に付いたプラークや歯石が引き起こす原因となります。口臭を防ぐためには、入れ歯をきれいにし、口の中を清潔にする必要があります。
 
全身とのかかわリ

口の中が不潔ですと、食べ物がおいし<感じられず食欲がなくなります。食べないと活カが失われて、からだ全体に影響を及ぼします。


■めんどうな入れ歯の管理

いろんな場所に入れ歯を置いたり、ティッシュに包んで置いたりするとあやまって捨ててしまうことがあります。入れ歯ケースなどに保管してください。
老人ホームなどはたくさんの人がいるので入れ歯を取り違えることがあります。歯医者さんに相談して義歯に名前を入れるなどして、他人と間違えないように工夫してください。
注意しよう
安定剤や接着剤

入れ歯安定剤や接着剤は歯ぐきと入れ歯のスキ間を埋めて吸着するものなので、量は少なめに便用し、多量にはみ出した使い方はしないようにしましょう。

洗浄剤の誤飲

家族の方がよく注意しましょう。

■入れ歯のトラブル

歯ぐきにくいこんだ入れ歯

物がよく咬めなくなります。

唇にくいこんだ入れ歯

キズができて出血します。

飲み込まれた入れ歯

命にかかわってきます。

■入れ歯が壊れたら

ボンドでくっつけたりすると、修理が難しくなります。
バンドエイドでくっつけてある入れ歯。

トラブルが
あったら
歯医者さんに
すぐに!相談
入れ歯が
壊れたら
自己流で
直さない
壊れた状態のまま
歯医者さんに相談
 

咬み合わせが異常に
なることがあります。

 

■ブクブク!ペッ!ができますか?

歯の磨き方

毛先を歯面に直角にあててこきざみに動かします。

上手なうがいのさせ方

口の中を水で洗い流すことで清涼感を感じます。寝たきりの場合は、水がのどに入らないように顔を横に向け、すいのみを使ってうがいをさせます。

口のトレーニング

舌や頬を動かすことで口のまわりの筋肉が鍛えられます。そうすることで咬むカもでてきます。

■用品の紹介

口の中が弱っている状態では、柔らかい歯ブラシで磨きます。それでも傷つける場合にはスポンジブラシを使って、口の中を清潔に保ちましょう。

お年寄りは、口の中をきれいに清潔に保つことにより、食べ物をおいしく食べられ、健康になり、生きる活力が生まれてきます。
お年寄りが健康で長生きできる社会、ねがいそれは私たちの希望でもあります。



小川源歯科医院TOPへ戻る