『総入れ歯』くらべてみれば!?
(レンジ床義歯と金属床義歯の比較)

【レジン床義歯(特殊弾性プラスチック)】--保険適用
(プラスチック・樹脂)

●あごの部分が厚いので飲み込みづらい、しゃべりづらいこともある。
●修理や調整がしやすい。
●比較的安く出来ます。
●床がプラスチックでできています。
●ひびが入ったり割れることがある。

レジン床(特殊弾性プラスチック)はプラスティックでポリアクリレートや、より硬いポリサルホンが使われている。
人工歯にもレジン歯やより硬い硬質レジン歯、陶歯、金属歯がある。これらは組み合わせて使われる。

【金属床義歯】--自費治療
(使用金属の種類:チタン・コバルトクロム・白金加金)

●食べたものの熱が伝わりやすいので食感が良い・しゃべりやすい。
●あごのところが薄く出来るので違和感が少ない。
●比較的費用がかかります。
●丈夫でこわれにくい。
●床のあごの部分が金属でできています。

金属床の金属には代表的なコパルトクロム。その他、金や白金、最近ではチタンなども使われている。
人工歯にもレンジ歯やより硬い硬質レジン歯、陶歯、金属歯がある。これらは組み合わせて使われる。
(↑総入れ歯の場合↑)

 
レジン床(プラスチック性)義歯(保険)
金属床義歯(その他の材料)(自費)
噛む 慣れるまで良く噛めない 慣れるのが速くよく噛める
精度 変形しやすく破折しやすい 精密で吸着性に優れている
味覚 熱感が伝わりにくく味覚が変わる 味覚も熱感も自然に近い
かたち 厚くて大きく違和感が大きい 薄くて小さく違和感が少ない
審美性 金属のバネが目立つ

バネを見せない方法もある(特殊弾性義歯)

発音 異物感が大きく発音しにくい 自然に近い状態で
なめらかに発音しやすい



◆金属で出来た義歯はどこがいいの?◆
保険治療の義歯の材料はレジン床(プラスチック性)で出来ているので、強さを保つために厚くしなければならないのです。そのため「入れ歯をいれた」という違和感があります。
しかし、自費治療の金属床では強度があるので薄くできて、違和感も発音障害もなく、食べ物の味や温度もよく分かります。また、精密につくれるため、粘膜への吸着性も優れていて、お口の中にしっかりと固定されて良く噛めます。

 
【金属床の種類】
 

白金加金床

【メリット】
●金は口腔内で腐食(サビ)しない
●金味が全くしないので食事をおいしく食べられる
●熱を良く伝える
●抗菌作用がある
●見えるところにバネを入れない方法もある
●伸びるので馴染みやすい

【デメリット】

●金属アレルギーの原因となるものがある(極まれ)
●特有の金属色があるため、前歯部の修復時には審美の欠点がある
(セラミックスやレジン(特殊弾性プラスチック)との複合化により十分対応 可)
●金は他の金属と比べて高価である

コパルトクロム

【メリット】
●慣れるのが速くよく噛める
●精密で吸着性に優れている
●味覚も熱感も自然に近い
●薄くて小さく違和感が少ない
●自然に近い状態でなめらかに発音しやすい
●金属の中では一番安い

【デメリット】

●比較的費用がかかる

チタン

【メリット】
●金属アレルギーの心配がほとんどない
●軽くて、快適
●チッ化処理により、金属イオンの溶出を防ぎ、汚れがつきにくく、口腔内を清潔に保てる
●すぐれた生体親和性

【デメリット】

●比較的費用がかかる

※材料がすべてではありません。選択は歯医者さんとよく相談してください。



◆ノンクラスプデンチャー<バルプラスト入れ歯>について◆ (特殊弾性プラスチック) <保険外>

入れ歯でお悩みの方、お気軽に当医院までご相談ください。
作成に3週間かかります。
ノンクラスプ義歯(バルプラスト)と従来義歯の比較
ノンクラスプ義歯・・・金属バネを使わない部分床義歯
(スマイルデンチャー)

【審美】
歯の表面に金属クラスプが無いので義歯を口の中に入れても入れ歯と気付かれない。
【快適】
義歯床の面積が小さく、しかもかなり薄くできるので違和感が少なくなる。
【機能性】
咀嚼・会話・えんげ機能は平常通りで、固い食物も咀嚼でき、安定性が良く、従来の義歯の1/2の重さである。義歯の緩み・脱落の心配もない。飴やガムなども付着しづらい。
【堅固】
割れたり折れたりしにくい。
【耐久性】
長期間リベースの必要がない。
【歯根組織の健康】
咀嚼の時の圧力は歯根組織に対して自然にマッサージ効果がある。
【精度】
同一材料で義歯の維持部・床部を制作するので制度の高い義歯ができる。
【安全性】
無味無臭でアレルギー反応もない。
アメリカ商品・医薬品局(FDA)許可済
【欠点】
調整、修理がしずらい。




◆入れ歯のメニュー◆
「金属床義歯は、薄くて丈夫で快適な入れ歯です」

総入れ歯の種類 実費 総入れ歯 保険 総入れ歯
ハイグレードタイプ
主材質 金・プラチナ 純チタン・チタン合金 コバルトクローム合金 プラスチック
+プラスチック
特徴
昔から体に安全とされる金やプラチナを主材料とした合金です。仕上がりの美しさはもとより、鋳造性に優れているので、ピッタリ合いやすく、お口の中では心地よい接触感です。いろいろな食べ物の味もそのまま美味しくいただけます。
金属は再利用も可能です。

チタンは体内に埋め込むことができるほど安全性の高い金属で、口の中では金属味がほとんどありません。金に近い硬さの純チタンとプラチナに近い硬さのチタン合金があり用途に応じて使い分けをします。
スタンダードタイプには超硬質の材料を使用することで丈夫さや薄さを限りなく追求し、自然に近い装着感や快適感が得られます。一つずつ丹念に人工歯の埋め込み部分に金メッキをほどこし、プラスチック部分も自然な色に仕上がります。
エコノミータイプは金属床の基本的な良さを活かしたお求めやすい入れ歯です。
保険では使用できる材料やデザインに制限があります。
基本的にすべてプラスチックのため分厚くなり快適さが損なわれたり口の中で熱が伝わりにくくなりますが、噛むという入れ歯の基本的な機能については変わりません。
丈夫さ
快適さ
熱の伝わり
体への優しさ
食べ物の味わい
軽さ
トータル評価
基本価格 **** **** **** ****




◆スマイルデンチャー◆



装着前(鉤のある通常義歯) 装着後(鉤の無い美しいスマイルデンチャー)

患者さんからの声

これまで使っていた義歯と違って優しく、ぜんぜん痛くありません。
とても着け心地がが良いです。
  (72歳 女性)

今までは食べ物が挟まって違和感があったのですが、
これだと気持ちよく食事ができました。
  (60歳 女性)

  • 食べ物が入れ歯に挟まる事が少なくなります。
  • 薄く、軽く、弾力がある素材。とてもよくフィットします。
  • 金属の鉤が無く、笑顔になっても口元は美しいまま
  • 金属アレルギーの方にも最適です。
  • 入れ歯に透明感があり、歯茎と見分けがつきにくい!